血液クレンジング療法による血液の浄化作用について

血液クレンジング療法とは

血液クレンジング療法とは、ヨーロッパを中心に行われてきた治療法で、別名、オゾン療法の一種になります。通常の施術では、約100〜200ccの血液を採取し、オゾンガスを混入してから体内に戻します。その効果は広く世界中で認められており、某国の王室などでも取り入れられています。オゾン療法には、少量血液型療法と大量血液型療法の2種類があり、日本では後者を血液クレンジング療法と呼んでいます。所要時間としては、約30分ほどで終わるので、負担の少ない治療法だと言えます。

血液クレンジング療法の効果

オゾン療法の効果としては、ヨーロッパなどでは、B型及びC型肝炎、そしてHIVウィルスの増殖抑制に有効だとされています。また、虚血性疾患に対しては保険が適用されており、有効性が確認されています。それ以外にも、老人性網膜変性疾患やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の治療にも使われています。さらに、免疫力を高める作用が確認されており、癌の補完治療として外科手術後に行われることもあります。ちなみに、癌の補完治療では、週2回、5週間を1クールとして、年に1,2回行います。

ドロドロ血液の再生に有効

血液は、人間の体内全体の細胞に酸素をはじめ、様々な栄養素を届ける重要な役目を果たしていますが、老廃物の処理などでドロドロになりやすいものです。それを浄化する作用も体内には存在していますが、食習慣の現代化や生活習慣の乱れなどで、正常に機能しない場合も多くなっています。血流の流れが悪くなると、免疫機能の低下にも繋がるので、病気をしやすい体質にもなるわけです。血液クレンジング療法は、そうした弱った血液にもう一度活力を取り戻させる有効な手段だと言えます。

血液クレンジングはアンチエイジング効果があるとされており、血液から若返りをサポートしてくれる新たな美容法です。