歯医者のテクニックを盗め!虫歯のできない歯磨き法

歯医者の行っている歯磨き時間は15分

歯磨きは、長い時間行えば、歯には良いとは誰もが思っているでしょう。しかし、どのくらい長く歯磨きをすれば胃のでしょうか。歯医者の薦める歯磨き時間は平均15分なのです。歯医者は虫歯の原因となる歯垢を落とすのには、歯の表面を10回ほど磨かなければいけないことを知っています。15分間も鏡の前で歯磨きをしているのはつらいことですよね。でも歯医者さんたちは、テレビを見たりお風呂に入りながら磨いているそうです。

歯磨き回数は1日約2・3回

一体歯医者の人たちは、どのくらいの割合で歯磨きをしているのでしょう。ちょっと調べてみたところ、どうやら1日2回から3回のようです。歯科医は虫歯菌がタンパク質や糖を分解して歯を溶かすさんを作ることを知っているので、食後に歯を磨くことで、虫歯菌が増える前にしっかりと擦り落としているのです。また、虫歯の多くは唾液が減ってしまう就寝中にできてしまうため、寝る前には特にしっかりと歯磨きを行うことが多いようですね。

プロの行う歯ブラシの当て方!

歯科医の歯ブラシの当て方は何を心がけているのでしょうか。それは、歯と歯ブラシが直角に当たるようにして磨くことだそうです。また、歯ブラシを大きく動かすのではなく、毛先がしなる程度に15回から20回程度動かすのもポイント。歯ブラシが当たりにくい奥歯には歯ブラシを斜めにして入れると良いです。虫歯は、歯と歯の隙間からできやすいのも特徴。そのためにはデタルフロスも欠かせません。歯と歯の間に糸を通して歯の根元から上に向けて4回から5回かきあげるようにしてしっかりと歯垢を落とします。

根管治療とは、歯の神経が死んだり痛んだときに行われる歯の根っこの治療のことをさします。根管内を可及的に無菌の状態にします。