皮膚へのダメージを軽くしよう!ムダ毛処理の際に気をつけたいこと

皮膚への負担を軽くすることが大事

ムダ毛の処理を行うとき、皮膚への負担が気になりますよね。個人差はありますが、皮膚の弱い人だとカミソリで自己処理をするだけで肌が赤くなってしまうことも。酷い場合には毛穴がブツブツとしてきたり出血があったりすることもあります。こういった肌トラブルはなるべく避けたいですよね。そのためには脱毛を自己処理あるいはサロンで行う際に気をつけておくべきポイントがあります。そのポイントを紹介していくので、皮膚への負担を軽くするために参考にしてください。

自己処理は電気シェーバーがおすすめ

自己処理を行う場合に避けたいのは、毛抜きやカミソリでの脱毛です。毛抜きを使って脱毛をすると根っこから処理できるためキレイに見えます。しかし、毛を抜いてからしばらく経つと、新しく生えてきた毛が皮膚の中に埋まったようになります。これは埋没毛といい、かゆみが起こることもあるので注意が必要です。また、カミソリは刃を肌に滑らせるため、わずかに皮膚が削られてしまう可能性もあります。皮膚を傷つけるだけではなく色素沈着の原因となり、肌が黒ずんでしまうこともあるので避けましょう。代わりに電気シェーバーを使用すると皮膚への負担が少なくなりますよ。

脱毛する前は日焼けを避けて!

脱毛サロンで処理してもらう場合はサロン選びも重要になりますが、個人で行える対策もいくつかあります。まず、脱毛をしてもらう日までの数日間は日焼けを避けることです。脱毛サロンは光を当てて毛根にある毛の再生機能を停止させるのが目的ですが、その際に熱を持つため皮膚は軽いやけど状態になります。日焼けをしていると熱の負担が大きくなってしまうのです。また、光は毛のメラニンに反応するため、日焼けをして肌が黒いと毛に反応しにくくなってしまうので、効果が半減してしまうこともあるので、日焼けしないように常日頃から気をつけましょう。次に施術後には脱毛した部分を冷やすことです。前述したように軽いやけど状態となっているため、冷やすことで皮膚へのダメージを軽くできます。施術した当日だけでもいいので是非、試してみてください。

医療脱毛はレーザーでの脱毛になります。これはサロンでの脱毛では使用しておらず、病院での施術にしか使われていません。